クメール料理

ついにアンコールワット内部を観光する時となりましたが、その前にまずは腹ごしらえカンボジアの料理はクメール料理と呼ばれ、日本人にも意外と合うと言われています。

この日の昼食はカンボジア風ラーメンとかぼちゃプリン。

 

f:id:melmo-bg:20170922225440j:image

 

ラーメンというか春雨みたいな細めの麺で、薄味のスープは美味しかったです。

あとは同じツアー客の方と一緒の大皿で、すり身揚げの炒めもの、大きいきゅうり(?)と野菜の炒めもの、お肉の炒めものを食べました。

 

 アンコールワット

お腹を満たしてついに憧れのアンコールワットへと潜入ーー!!

アンコールワットは大きなお堀に囲まれており(最初は川だと思っていました)、正面の橋は改装工事中のため、脇に作ってある水上橋を通って内部へと入っていきます。

 

f:id:melmo-bg:20170922230212j:image

 

朝来た時とはまた違って、日差しが強くてすでに汗だく💦

天気が良かったおかげで、水面に映る逆さアンコールワットをばっちり見ることができました。いや~、本当に圧巻です!THE世界遺産✨✨

 

f:id:melmo-bg:20170922230435j:image

 

仕事のお休み取ってカンボジアまで来たかいがあったー!!

ガイドさんがおススメの写真スポットを教えてくれ、素敵な写真を撮ってくれました。

 

すんごい!📷

f:id:melmo-bg:20170922230614j:image

 

第一回廊

アンコールワット正面左手から中へ入り、第一回廊を散策します。第一回廊には壮大な壁画がずっと続いています。

 

f:id:melmo-bg:20170922230807j:image

 

壁画にはカンボジアに古くから伝わる神話の内容が描かれていました。ずっと長い回廊が続いていきます。

 

f:id:melmo-bg:20170922234213j:image

 

第二回廊

ぐるっと第一回廊を見てまわり、階段を登って第二回廊へと進みます。この階段がなかなか急でした。絶対スニーカーじゃないときついです。

外は暑いですがアンコールワット内部は屋根があるので、外に比べると暑さが和らぎます

 

f:id:melmo-bg:20170922232014j:image

 

、、、と!人だかりを発見し近づいてみると、みんなスマホを床に置いて天井の写真を撮っています。

私もiPhoneをインカメラに切り替えて写真を撮ってみたのがこちら。

【スポンサーリンク】

 

f:id:melmo-bg:20170922231208j:image

 

天井の岩がぴったりシンメトリーに形成されていて、 合成写真みたい。

 

こちらは江戸時代頃に日本人が墨で落書きした跡。

 

f:id:melmo-bg:20170922234013j:image

 

本当になんちゅう事をしてくれたんだ。同じ日本人として申し訳ない気持ちになりました。

第三回廊

第二回廊をぐるっとまわり、第三回廊への階段が目の前に現れました。事前の下調べで、この場所の写真を見たことがありましたが、目の当たりにするとやっぱりすごく急な階段!

 

f:id:melmo-bg:20170922232204j:image

 

なぜこんなに急な階段なのかというと、神聖な第三回廊に入るときに「自然と頭が下がる」ように設計されているからなのだそうです。この第三回廊へは、12歳未満のお子さんは入場することができず、妊婦さんも安全上の理由で登る事が禁止されています。

 

そして混雑を避けるために、一度に入場するのが100人までに制限されています。(2017年9月現在)混んでいる時間帯は入場制限で待つ事となります💡

手すりはついているものの、転落事故も発生している急な階段です。仏日も入場することができないので第三回廊まで登りたい方はご注意ください。

 

せっかくここまで来たのだから、ものすごく登りたかったのですが、暑さで体がおかしくなったのか、日頃の運動不足がたたったのか、なんだか頭がふらふら、、、

とってもとっても心の底から第三回廊に登りたかったのですが、ふらふらして転落したら迷惑がかかると思い断念することに😭

 

みんなが登っている間に休んでいたらどうにか回復してきたので、そのまま夕陽を見に行きました💨

 

f:id:melmo-bg:20170922232351j:image

ステキです

 

アンコールワットも夕陽に照らされて、朝日、太陽の元とはまた違った赤っぽい色に染まりました~。

f:id:melmo-bg:20170922232505j:image

めいっぱい満喫し、アンコールワットを後にしました。

アプサラダンス

夕食はアプサラダンスのショーを見ながらのバイキング🍴

カンボジアに行くと決まってから「アプサラダンス」のことを初めて知りましたが、アジアンチックはゆっくりとした生演奏に合わせて、ゆっくりとしたダンスでした。

 

f:id:melmo-bg:20170922232655j:image

 

それにしても、手がものすごい方向に曲がっているのがすごいっ!!

ナイトマーケット

アプサラダンスを鑑賞した後は、ナイトマーケットへとショッピングに向かいます。めっちゃ雰囲気がいい~!日本じゃないって感じ✨(笑)

 

f:id:melmo-bg:20170922232821j:image

 

少し歩くだけで「お姉さん、ちょっと見て見て~」とお店の方が日本語で話しかけてきます。すごい日本語が達者な方につかまり、洋服屋さんでTシャツ2枚、スカート、ブラウスを購入。

最初4着合計で65米ドルと言われましたが、値切りまくって33ドルにしてもらいました。

 

マーケットでは腕次第でだいぶ値切れるので、がんばって値切りましょう!(笑)

 

f:id:melmo-bg:20170922233015j:image

 

ナイトマーケットは広くて、お土産屋さんもあれば、雑貨屋さん、屋台など所狭しとたくさんのお店がありました。楽しい場所ですが、スリ・ひったくりが多い場所みたいです。

美味しそうな食べ物もありましたが「火が通ってないものは現地の人以外はお腹を壊すからね~」とガイドさんから注意がありました。

 

そのままナイトマーケット内の足つぼマッサージへ💨

 

f:id:melmo-bg:20170922233258j:image

なんと30分で1米ドル!安っっ!!

 

外の通りに面した場所にリクライニングチェアーが置いてあり、足を揉み、肩も揉んでくれます。

肝心のマッサージはというと少し手荒でしたが、終わった後はちょっと足がスッキリしたかも。。。と効果があったようです。

 

こうしてアンコールワット・カンボジアを満喫して一日が終了しました。

>>アンコールワット旅行記!バンテアイサムレ、バンテアイスレイへ

スポンサーリンク