今年に入ってどうも調子が悪い感じがします。

1月1日の元旦の日からすでにおかしくて、謎の動悸や胃腸の調子の悪さ、ほてったり眩暈がしたり、肩こりが悪化したり、親知らずが生えてきて激痛になったりと、なんだか急におかしな体調が続いていました。

 

元々あまり風邪をひいたりしない健康体で、滅多に病院に行くことが無かったのですが、今年に入って何回病院へ行った事か。。。(泣)

 

なんでこんなにも急に体調がおかしくなったのだろう???

そんなモヤモヤとした日々が続いていたのですが、そんな時に母親が一言「厄年だからじゃない?」

 

厄年?!私厄年なのか??

恥ずかしながら厄年について無知だったので、早速調べると今年の私は『前厄』でした。『本厄』が来年なので、その前の年という事ですね!

 

前厄とは

f:id:melmo-bg:20180222185149j:image

 

 前厄とはずばり本厄の前の年で、男性ならば24歳、41歳、60歳、女性ならば18歳、32歳、36歳の年となります。しかし上記は数え年なので実年齢とは異なってきます。

 

調べてみると前厄についてのとらえ方は様々で、【大きな災難が訪れるとされる本厄の前触れが起こる年】、【本厄の年と同じように慎重に過ごさなければいけない年】など、人それぞれのとらえ方が違ってくるようです。

 

本厄の前の年という事で、少しずつ心と身体の変調が起こりやすい時期だとも言われています。

 

なるほど。。。

生死をさ迷うような大きな病気にはなっていませんし、事故にもあっていませんが、日々慎重に過ごす年というわけですね!!

 

本厄とは

f:id:melmo-bg:20180222185139j:image 

 

 人生において数回訪れる厄年ですが、最も注意した方が良い年が本厄です。

 

本厄の場合男性ならば数え年で25歳、42歳、61歳、女性ならば19歳、33歳、37歳とされています。特に男性の42歳・女性の33歳は大厄と呼び、災難や心身の不調が現れやすいので、十分な警戒を要する年だとされています。

 

【スポンサーリンク】

厄年の年の数え方は、全国で一般的に数え年での年齢で共通していますが、地域や宗教によっても数え方や行事が異なるので、これといった決まりはないそうです。

 

女性なんて30代で2回もあるからほとんど厄年やん!!と突っ込みたくなり、厄年になるとなんだか大変な年な気もしますが、調べてみると厄年には良い点(!?)もあるようです。

 

  • 厄年には何か新しい事を始めると良い
  • 出産すると厄落としになる
  • 資格取得や研究など学問に吉

 

あくまで迷信ではあるので、気の持ちよう!!

私は良い事を信じようと思います!(笑)

 

厄年にお祓いした方がいいの?

f:id:melmo-bg:20180222185121j:image

 

厄年のとらえ方が様々な分『お祓いを受けるか』という点も考え方が様々で、本厄の年だけお祓いを受ける人・前厄、本厄、後厄3年続けてお祓いを受ける人、全くお祓いを受けない人など様々です。

 

あまりにも気にし過ぎると、余計に変調をきたしてくると思いますので、直感でお祓いを受けようと思ったら受ける、何は変調が起きてそれが続いて困っている、など”お祓いを受けたい”と思ったら受けるという感じで良いです。

 

基本的に厄年のお祓いは元旦から節分までの間に受けた方が良いとされていますが、一年中お祓いを受ける事ができる神社が多いです。これもはっきりとした決まりがないので、いつお祓いを受けても大丈夫です。

 

そもそも厄年の始まりは何?

f:id:melmo-bg:20180222185515j:image

 

厄年の始まりについてですが、陰陽道に起源があると考えられていますが、はっきりとした根拠はないそうです。平安時代にはすでに存在し信じられてきました。

 

▽陰陽師安倍晴明をまつる晴明神社の記事

 

厄年に災難や体調の変化が起こる事に科学的根拠はないですが、厄年とされている年齢では様々な変化が訪れる年齢でもあります。

 

19歳、25歳は青春期に当たり、また33歳、42歳は青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たる事から、人生のうちでも曲がり角でもあり、男性の場合は社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多く、女性の場合は子育てあるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとされる。

 

 凶事が起こらなくとも、大厄の年齢では肉体的にも体力の低下や反射神経の鈍化など、衰退が顕著になる時期でもあり、医師の診察を受けた際に体調不良を訴えやすいともいう。健康管理などの面でも注意が要される年頃でもあるともいう。また42は「し・に」の音が「死に」に通じるとして凶運・不縁起の数とされることも何らかの関係はあろう

Wikipediaより引用

 

科学的根拠がないにも関わらず、古くから伝承されてきたという事は、厄年に変調がある、そう感じた人が多かったという事でもあるかと思います。

 

この為古くから厄年にはお祓いを受けて、規則正しい生活を心がけ、健康面に気を付ける、事故やけがに気を付けるといった事が伝承されてきたのですね!

 

来年は、、、本厄!!

f:id:melmo-bg:20180222185839j:image

 

初詣の時に神社にその年の厄年一覧表がよく掲示されていますが、見てみぬふりをして今まで過ごしておりました。

 

前厄だとわかって「そうか!前厄のせいで調子が悪かったのか!!」と開き直ったおかげか、なんだかモヤモヤしていた気分も少しスッキリしてきました!(笑)

 

来年は本厄なので、初詣に行ったら一緒にお祓いをしてもらおうと思います。今年ももう2月の終わりに近づきましたが、今年一年は暴飲暴食をせず、健康に気を付ける年にしようと思います。

 

 最後まで読んで頂きありがとうございました✨

 

スポンサーリンク