熱田神宮は名古屋最強パワースポット

愛知県名古屋市熱田区にある、熱田神宮(あつたじんぐう)へ行ってきました。駐車場の入り口がわからず、熱田神宮の周りを3周してようやく入れました。笑

6万坪もあるという境内はとにかく広い!さすが年間参拝者数700万人といわれる名古屋を代表する神社です。

熱田神宮は熱田大神(あつたのおおかみ)をお祀りするお宮で、神話に登場するあの三種の神器の一つである「草薙の剣」が祀られている歴史深い神社です。

スポンサードサーチ

見どころが多い熱田神宮

参考:https://www.aichi-now.jp/spots/detail/10/

熱田神宮はシンプルな木の鳥居をくぐると、木々に囲まれた道幅の広い参道が真っすぐに伸びています。そして境内には摂社・末社などさまざまな神様が祀られており、気持ちの良い空気を吸いながら参拝できます。

知恵の神さまや恵比寿さま、大黒さま、安産の神さまなどさまざまな神様が祀られており、1時間くらでゆっくり境内を見て回ることができました。

樹齢千年以上!蛇が住む大楠

熱田神宮蛇が住む大楠のご神木

長い参道を抜け、拝殿近くまでやってくると、樹齢1000年の大楠のご神木があり、なんととこの大クスには蛇が住んでいるのだそうです。

蛇は、普段天敵を恐れてあまり表に出てこないそうなので、ここで蛇を見れると逆にラッキーなのだとか!

大楠の前で蛇を探してみましたが、この日は見つける事ができず…。次参拝した時はぜひお目にかかりたい~✨

スポンサードサーチ

熱田神宮のご由緒

熱田神宮は名古屋最強パワースポット

熱田神宮のはじまりは、神話にも登場する三種の神器の一つ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」のご鎮座によってはじまります。神話の中で草薙剣は、素戔嗚尊がヤマタノオロチを退治した際に、大蛇の尾から出てきたと伝えられる神剣です。

その後、日本武尊(やまとたけるのみこと)が草薙剣を現在の名古屋市緑区火上山に留め置かれたまま亡くなってしまい、お妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)が、神剣をこの熱田の地にお祀りになりました。

1900年以上も前に草薙神剣がこの熱田の地にお祀りされて以降、伊勢神宮に次ぐ格別のお宮として、「熱田さま」や「宮」と呼ばれ親しまれてきました。

御祭神

熱田大神(あつたのおおかみ)

【御霊代】草薙神剣
【相殿神】天照大御神(アマテラスオオミカミ)、素盞嗚尊(スサノオノミコト)、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)、宮簀媛命(ミヤスヒメノミコト)、健稲種命(タケイナダネノミコト)

 

熱田神宮に祀られる熱田大神とは、草薙神剣の御霊代としてよせられる天照大御神のことです。このことからも、伊勢神宮に次ぐ格式が高いお宮であることがうかがえます。

相殿神としては、草薙神剣に縁のある日本武尊とお妃の宮簀媛命、ヤマタノオロチ退治で草薙剣を取り出した素戔嗚尊もお祀りされています。

そして熱田神宮は、あの織田信長が桶狭間の戦い前に必勝祈願したお宮としても有名で、勝負運開運招福などのご神徳があるお宮です。

 

白い犬

境内には織田信長が寄進した「信長堀」が当時の姿のまま残っているんだよ

こころの小径は熱田神宮の隠れたパワースポット

こちらは熱田神宮の境内地図ですが、本殿裏側に「こころの小径(こみち)」という道があります。以前までは一般公開されていないエリアもあったのですが、2012年から一般の方にも公開されました。

この小径の先に、熱田神宮の中で最も尊い大事な場所とされる、「清水社」「一之御前神社(いちのみさきじんじゃ)」があるので行ってみました。

神域とされるこの入口には金網が張られ防犯カメラもあり、なんと奥の方には警備員さんが常駐していてまさにセキュリティ万全!!

それだけこの場所が熱田神宮の中でとても大切で神聖な場所だという事がうかがえます。

土用殿・御田神社・龍神社

神楽殿脇からこころの小径に入ると、古くはご神体をおさめていたとされる「土用殿」、五穀豊穣の神さまを祀った「御田神社」、日本武尊の東征関連の神さまを祀った「龍神社」があります。

熱田神宮を訪れる前に古事記を読んでいたので、やはり日本武尊に深い関わりのある神社なんだなぁ~としみじみ。歴史書に載っていた方に関わりある建物や祠を実際に目で見ると、なんだかワクワクするんですよね✨

キレイになりたい女性必見の清水社

熱田神宮清水社で美肌・目がよくなる

こころの小径をさらに奥へ進むと、清水社(しみずしゃ)に辿り着きます。地元の人々には「お清水さま」と呼ばれるこの場所は、女性には嬉しいパワースポット✨

なんでも、湧き水の真ん中にある石搭に3回水をかけて記念すると願いが叶うといわれています。

「石搭まで遠くない?!届くのかな~?」と最初に思いましたが、落ち着いて水をかけると届きました。がしかし!!水をかけることに集中しすぎて、肝心の願い事するのを忘れるという…笑)

 

ここ清水社がなぜ女性に嬉しいかというと、この石搭が『楊貴妃』のお墓の一部だという言い伝えがあり、美人でお馴染みの楊貴妃にちなんで、この水で肌を洗うと綺麗になるとされるの伝えがあるからです。

実際に顔を洗うのは気が引けるので、この湧き水を少し頬につけるだけでも良いみたいですよ美を願う女性の方はぜひ♥

一之御前神社

御祭神:熱田大神の荒魂(あらみたま)

荒魂とは、神様の荒々しい側面・勇猛果断・あらぶる魂のこと。逆に穏やかな神様の御魂のことを「和魂(にぎみたま)」といいます。

熱田神宮の御本殿裏側に位置するこの一之御前神社こそが熱田神宮内で一番のパワースポット!

一之御前神社辺りはとっても神聖な空気が漂っており、私は霊感ないのですが、何と表現すれば良いか、何かに見られているような感じがするような…そんな不思議な感覚を覚えました。

 

白い犬

一之御前神社辺りは写真撮影禁止なので、カメラをしまって静かに参拝するべし

心の小径の拝観時間・注意点

心の小路は9時~16時まで参拝可能です。撮影禁止ポイントもありますのでご注意ください。

一緒にいた友達は大量に蚊にかまれてポケムヒと格闘していたのですが、私もだいぶ蚊にさされました。

こころの小径は草木が多く、特に夏は蚊がたくさんいたので、気になる方は虫よけしていくと良いかもですね💡

名古屋の街中にありながら、ここだけ別世界?というような雰囲気で、草木の緑がとても美しく空気も柔らかい神聖な場所でした。

スポンサードサーチ

熱田神宮の御朱印

熱田神宮の御朱印

熱田神宮の社務所にて御朱印をいただきました✨

愛知県で初御朱印!初穂料は300円です。

上知我麻神社の御朱印

熱田神宮境内にある上知我麻神社の御朱印

こちらは、熱田神宮の境内にある摂社「上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)」の御朱印。

毎年1月5日には「初えびす」のお祭りが行われ、知恵授け、商売繁盛のご神徳があるといされるお宮です。

熱田神宮には一社の別宮、八社の摂社、十九の末社がありますが、御朱印はこの2ヶ所でいただくことができます。

とっても広々とした境内でとにかく緑が多いので、ゆっくり散策すると清々しい気分になりました

スポンサードサーチ

 お腹すいたので矢場とんへ

うんと熱田神宮を満喫してお腹がすいたので、名古屋で有名な矢場とんへ行ってきました~!

平日にもかかわらず20分ほど並び、念願のみそかつ丼★

f:id:melmo-bg:20170803224523j:image

濃いソースに肉厚で、めちゃくちゃ美味しかった~!!けっこうなボリュームがあり、私は普段どちらかと言うと小食で食べきれるか心配でしたがペロッと完食しました。ごちそうさまでした✨

名古屋に行ったらまた食べに行きまーす😋♥

熱田神宮へのアクセス

公共交通機関の場合

  • 電車:名鉄名古屋本線、常滑線「神宮前」下車後、徒歩約3分
  • 最寄りバス停:神宮東門、名鉄神宮前、神宮前駅、神宮西駅など

車の場合

  • JR名古屋駅より約20分
  • 中部国際空港(セントレア)より約30分
  • 駐車場有(約400台)

■熱田神宮
愛知県名古屋市熱田区神宮一丁目一番一号


人気ブログランキング