熊本市中央区にある「出水神社(いずみじんじゃ)」へ行ってきました!

ここは熊本市の観光名所である『水前寺成趣園』内にある神社で、美しい日本庭園を眺めながら参拝する事ができる神社です。

 

市電「水前寺公園」にて下車し、グーグルマップをたよりにウロウロ…、‘‘大きな公園だからすぐわかるだろう~’’とのんきに思っていたのですが、結果めちゃくちゃ迷ってようやくたどり着きました!(笑)

 

平成の名水百選

 

だいぶウロウロ迷ったおかげで、周辺にあるものすごく水がきれいな川を発見💡

地面が透けるほど透明度が高い川の水は「平成の名水百選」に選ばれているそうです。魚達が泳いでいるのもはっきり見えて、なんだかほっこりと癒されましたー💓

 

出水神社神苑・水前寺成趣園

 

ここ水前寺成趣園は、1636年に細川家がこの地に「国府の御茶屋」を設けたのがはじまりです。その後にお寺も建立され、細川家3代、約80年かけて庭園が完成しました。

水前寺成趣園自体が出水神社の神苑となっており、園内全体が境内みたいな感じでとっても清々しい空気です✨

 

水前寺成趣園の入場料

  • 大人:400円
  • 小人(小・中学生):200円
  • 大人(団体30名以上):360円
  • 小人(団体30名以上):180円

私は熊本市電の一日乗車券でこの日観光していたのですが、窓口で乗車券を提示すると割引してくれました✨ラッキー😆

 

桃山様式の回遊式庭園

 

真ん中に大きな池があり、趣のある橋がたくさん架けられてとてもフォトジェニック!

ぽこんと目立つ山は「富士山」で、平日ということもあり外人さんがパシャパシャ写真を撮っていました。なかなか日本庭園に来る機会がないので、とっても新鮮でゆったりとした気分になります😌

スポンサーリンク


出水神社のご由緒

 

1878年(明治11年)旧藩士松井章之らの願いでによって、藩主別邸での跡である成趣園内に創建されたのがはじまりです。当時の熊本の町は西南戦争によって荒れた焼け野原で、西南戦争からの復興の象徴として、傷ついた人々の心のよりどころとなるようにと造られました。

御祭神

《主座》

細川藤孝則卿(初代)、細川忠興卿(2代)、細川忠利朝臣(3代)、細川重賢卿(8代)、

《配座》

細川光尚朝臣(4代)、細川綱利朝臣(5代)、細川宣紀朝臣(6代)、細川宋孝朝臣(7代)、細川治年朝臣(9代)、細川斉玆朝臣(10代)、細川斎樹朝臣(11代)、細川斎護朝臣(12代)、細川韶邦朝臣(13代)、細川護久卿(14代)、細川玉(忠興室)通称ガラシャ

 

細川家の代々の当主をおまつりする出水神社は、商売繁盛、無病息災、縁結び・良縁のご利益があり、周りには綺麗な湧き水があるという事で、自然のパワーを頂けるパワースポットでもあります。

丁寧に手入れされた庭園を眺め、ゆっくりとした時間が過ぎている園内を散策しているだけで、たくさんのパワーをもらっているような感じがしました✨

 

五葉の松

 

ご拝殿前には、ものすごく立派な「五葉の松」という松の木があります。

幹の太さが大きくて、ものすごいパワーがありそうなこの松の木は樹齢約400年なのだそうです!すごい角度で生えていますね✨

 

神水「長寿の水」で健康祈願

 

ここ出水神社のご神水「長寿の水」は阿蘇火山系の硬水で、なんと毎朝5合以上の水を飲むという健康法があるのだとか!

お腹たっぷんたっぷんにならないのでしょうか?!

 

出水神社の御朱印

 

授与所にて御朱印を頂いてきました✨

初穂料は300円です。

 

凶入りおみくじに挑戦

 

御朱印を書いてもらう間、ふと目に入った「凶入りおみくじ」が気になったので、どぎまぎしながらもおみくじを引いてみることに…😖

 

今まで数えきれない程おみくじを引いてきましたが、「凶」は未だにお目にかかったことがないんですよね。「凶」を見てみたいような、見たくないような、ここで人生初の「凶」が出るか、、、😲😲

結果は…

 

 

普通に「吉」でした!✨

安心しましたが、怖い物見たさでちょっとだけ「凶」を見てみたかったような気分も残りました(笑)

スポンサーリンク


稲荷神社

 

出水神社のお隣には、末社である「稲荷神社」があります✨10代藩主である細川斉玆公によって建てられました。

少しこじんまりとした稲荷神社ですが、まっすぐな赤い鳥居が立ち並んでいるので、とっても写真映えする趣のある写真が撮れて、外国人には大人気!参拝の行列ではなく、写真を撮る為の行列ができていました!(笑)

 

古今伝授の間で抹茶をいただく♡

 

出水神社と稲荷神社を満喫し、園内を少し散策して小腹が減ってきたところに、、、お抹茶&お茶菓子が頂けるという茶屋が💓

ここ「古今伝授の間」は水前寺成趣園の入口のすぐ近くにあるのですが、後陽成天皇の弟君の八条宮智仁親王に、細川藤孝が『古今和歌集』の奥義の伝授に使われた建物で、大正時代にこの地に移築されました。

 

そんな歴史のあるこの場所でお茶を頂けるなんて💕無類の抹茶好きにはたまりません!!(笑)

 

 

お値段は古今伝授の間よりも、外で食べる方が少しお安くなっています。

畳で歴史と趣のある建物の中も素敵ですが、天気が良い日は外でも解放感抜群で気持ち良かったです

 

 

至福の時間~😌🌸

 

■出水神社

熊本県熊本市中央区水前寺公園8-1

■アクセス

熊本市電「水前寺公園」下車、徒歩約5分

スポンサーリンク