福岡県福津市にある宮地嶽神社で参拝をすませて、JRですぐ近くにある宗像大社へ行きました💨

福岡市の中心街から離れていることもあり、JR東郷駅からのバスの車窓は、のどかな景色が広がっていました。田舎者なのでなんだか落ち着きます(笑)

そんなこんなで宗像大社前にて下車🎵

 

f:id:melmo-bg:20180406220257j:image

 

有名な宗像大社だけあって、大きな看板と駐車場も広々としていました。

 

f:id:melmo-bg:20180406220531j:image

 

鳥居には「宗像大社」ではなく「宗像神社」と書かれています。

 

f:id:melmo-bg:20180406220845j:image

 

大きな鳥居をくぐって、さっそく出発💨

少し進むと池があり、アーチ型の橋が架かっていました。広い敷地ですね~!

 

f:id:melmo-bg:20180407025152j:image

 

周りに自然が多いこともあり、空気がとても澄んでいました😊女神さまをおまつりしている神社とあってか、なんだかあたたかい空気感の神社です。

 

宗像大社<辺津宮>

f:id:melmo-bg:20180406221334j:image

 

宗像大社は、日本各地に約7千社もある宗像大社、厳島神社、宗像三女神をおまつりする神社の『総本山』です。古代祭祀の国宝も多数保有しており『裏伊勢』とも呼ばれています。

 

 「宗像大社」三女神とは?

引用:宗像大社公式サイトより

 

宗像大社というと、ここ宗像市にある宗像大社だけを指しているように思う方も多いですが、この辺津宮」「沖津宮」「中津宮」の三宮を総称して【宗像大社】と言います。本土だけが宗像大社じゃなかったんですね!

 

  • 田島(本土にある宗像大社)『辺津宮(へつみや)』・・・市杵島姫神(いちきしまひめかみ)
  • 沖ノ島『沖津宮(おきつみや)』・・・田心姫神(たごりひめかみ)
  • 大島『中津宮(なかつみや)』・・・湍津姫神(たぎつひめかみ)

 

特に宗像市から沖合60キロの玄界灘に浮かぶ「沖ノ島の沖津宮」は‘‘神が宿る島‘‘として、古くから女人禁制で、島への上陸は神職以外はできないなど『古くからのしきたり』が残っているとっても神聖な島なんです✨(上の写真が沖ノ島)

 

この三社は「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として、2017年7月に世界遺産に登録されました。残念ながら3社とも参拝することはできませんが、天気が良い日は本土から沖ノ島が見える事ができるそうです!

とはいっても天候に左右されるため、はっきりと見える日はほとんどないのだとか。

 

手水舎

まずは手水舎にてお清め、、、

f:id:melmo-bg:20180407025229j:image

 

あれ?ここの手水舎珍しくないですか??

f:id:melmo-bg:20180407025258j:image

 

大きな岩に竹(?)が横に突き刺さっていて、そこから水が流れています!

 

宗像大社御本殿

f:id:melmo-bg:20180407025336j:image

 

立派な御本殿・拝殿は国の重要文化財に指定されています。拝殿前に長く屋根が付いているので、雨の日でもゆっくり参拝できますね💡この形の社殿は珍しいです。

安土桃山時代に造られたという社殿はすごく立派でした✨

 

f:id:melmo-bg:20180407025405j:image

 

社殿の周りをぐるっと一周まわる事ができるので、ゆっくりじっくりと近くで見られたのが感激✨

スポンサーリンク


宗像大社辺津宮のご由緒

「日本書紀」に記されているのは、「歴代天皇のまつりごとを助け、丁重な祭祀を受けられよ」という神のお告げによって、この地に三女神が降りられ、おまつりするようになったのだそうです。

元々この地は、中国大陸や朝鮮半島に近かったことから、外国との貿易や、進んだ文化の玄関口として栄えてきました。

 

末社

f:id:melmo-bg:20180407025440j:image

 

社殿を取り囲むように、120もの末社が21のお社にまつられています。なんとこの配置は江戸時代からほとんど変わっていないのだそう。

昔から脈々とそのままの形で受け継がれてきたので、歴史を感じました。

 

相生の樫で縁結び♡

f:id:melmo-bg:20180407025514j:image

 

御本殿に参拝した後は、「第二宮」「第三宮」「高宮祭場」へと順番に参拝していきます。広大な敷地にある”鎮守の杜”を進んで行くと、2本の樫の幹から伸びた枝が結ばれている「相生の樫」があります。

こちらの相生の樫に願いを込めると、男女の絆を深めて、恋愛成就・夫婦円満の御神木として信仰を集めています。しっかりと枝が繋がっているので、木の生命力をビシビシ感じました✨

 

第二宮、第三宮、高宮祭場はパワースポット

f:id:melmo-bg:20180407025611j:image

 

ちょうどこの日は木の伐採が行われていたので、参拝することができず😢外からそっと参拝しました。

「高宮祭場」は、宗像三女神の降臨地と伝えられています。古代から受け継がれる祈りの原型を伝える全国でも珍しい古代祭場です。噂によると、この高宮祭場がものすごいパワースポットなのだとか!

なんだか恐れ多くて写真は撮れませんでした💦

 

宗像大社の御朱印

f:id:melmo-bg:20180407025639j:image

 

御朱印は駐車場横のこの大きな建物の中で頂く事ができます。

中へ入ってみると、広々とした待合室で、テレビもあり、椅子もたくさんありで休憩されている方がいらっしゃいました。なんだかすごく近代的な社務所ですね!

 

f:id:melmo-bg:20180407025719j:image

 

宗像大社の御朱印

f:id:melmo-bg:20180407025733j:image

 

宗像大社のオリジナル御朱印帳は、白と青の2種類♪

f:id:melmo-bg:20180407025802j:image

 

宗像大社オリジナル御朱印帳は、白・青の2種類で1500円です。シンプルでかっこいいですね✨

 

宗像大社のお守り

f:id:melmo-bg:20180407030404j:image

 

今年私は前厄ということで、この宗像大社で「厄除け」のお守りを頂いてきました。この形のお守りって珍しいです!

宗像大社は世界遺産に登録されているだけあって、とにかく広々とした境内で、社務所も大きくて快適でした!緑が多くて気持ちがスッキリしますよ💕

 

『神宿る島』である沖ノ島へ上陸することはできませんが、ご縁があれば大島の中津宮には参拝してみたいです✨✨

 

 ■宗像大社[辺津宮]

福岡県宗像市田島233

■アクセス

JR鹿児島本線「東郷駅」下車→バス神湊波止場行バスで「宗像大社前」下車→徒歩すぐ

※駐車場無料

スポンサーリンク