アマビエ

コロナによって世の中が不安定になる中、SNSではオリジナルの【疫病退散のアマビエ様】を発信する人が増えています。

神社仏閣でも最近アマビエ様の御朱印を拝受できるところが増えてきましたが、ことろでそのアマビエ様って一体何なの?と疑問が沸いたので調べてみました!

巷では和菓子にパン、瓦、ギターのピックまで、さまざまなアマビエグッズが販売されていますので、その中でも気になったものをご紹介します♪

アイキャッチの絵は私が書いたのですがやっぱりヒドイですね(;O;)(;O;)いつか書き直します笑

スポンサードサーチ

アマビエ様とは?

アマビエ

参考:京都大付属図書館所蔵のアマビエ

最近巷であふれる「アマビエ様」とは一体何者なのか?

調べてみると、以下のことが分かりました。

アマビエ歴史的仮名遣アマビヱ)は日本に伝わる妖怪。海中から光をかがやかせるなどの現象を起こし、豊作疫病などに関する予言をしたとされる。

参考:Wikipedia

アマビエの正体は「妖怪」です。

肥後の国(現在の熊本県)で夜ごとに海で光輝くものが起こり、役人が赴いたところ【アマビエ】と名乗るものが出現して、

「今年より6年間は諸国で豊作が続く。
しかし、疫病が流行したら、私の姿を書き写した絵を人々に早々に見せよ」



と語って海へと帰っていったとされています。

アマビエが人々に知られるきっかけとなったのは、江戸時代の弘化3年4月中旬(1846年)に発行された瓦版の刷り物です。

瓦版には役人が書いたとされる「アマビエの絵」が描かれておりましたが、はっきりとした姿形の具体的な記載はありませんでした。

しかし、この瓦版がきっかけとなり、そこからアマビエは全国に広がります。

高知県の「姫魚」

こちらは高知県歴史民俗資料館に所蔵される「姫魚」の絵。

コロリ(コレラ)の流行を予言し自分の姿の絵を描いて見たら病気を免れると伝わる姫魚は、「その姿を絵に描いて見る」点と、「髪が長くうろこがあり魚のような姿」が一致しています。

こちらの姫魚の絵は、妖怪といえどもほぼ人魚姫ですね。

アマビエに似ている妖怪「アマビコ」

アマビエについての資料は、江戸時代に発行された瓦版のみですが、よく似ている妖怪の一つに【アマビコ】というものもあります。

アマビコも海の中から現れ、作の予言や疫病の際に自分の姿を絵に描いて広める、という言い伝えがアマビエと一致しています。

古語では「こ」と「ヱ(え)」が似ていることから、同一の妖怪との見方もあります。

アマビエは人魚や魚のイメージですが、アマビコは山男の様な毛むくじゃらのビジュアルで、内容は似ているとはいえ、見た目には大きな違いがありますね。

アマビエ御朱印

アマビエ御朱印が郵送でいただける神社まとめ♪

2020年現在、全国各地の神社仏閣では、無病息災を願う【アマビエ】の御朱印をいただけるところが急増しています。

直接お受けできなくても、郵送でお送りいただける神社仏閣も増えていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください⋆*

スポンサードサーチ

アマビエ和菓子

アマビエ様は絵に描くだけでなく、なんと最近では和菓子にも続々と登場しています。

群馬県の「錦光堂」さんのアマビエ和菓子✨

なんかゆるキャラみたいで可愛いですね♥

こちらはパステルカラーが可愛い「お菓子の香梅」のアマビエ上生菓子。

私たちは海に帰ります/って可愛いから帰ってほしくない~( ノД`)

こちらは小鳥のような可愛らしい見た目のアマビエ生菓子。

秋田県の「かおる堂」さんで購入できます。

アマビエパン

こちらは「中川製パン」のアマビエパン。

パンの焼き色がいい感じに日焼けしているような、まるで海でサーフィンしていそうなイケイケのアマビエさんです(*^▽^*)

スポンサードサーチ

アマビエ飴

こちらはアマビエ様の金太郎飴

この大きさにアマビエを細かく表現できるなんて、ホント職人技ー!!✨

アマビエ酒

こちらは酒飲みには嬉しい、アマビエラベルのお酒。

富山県産山田錦に「すていほーむ」と書かれた可愛いイラストのアマビエさんが登場しています。

スポンサードサーチ

アマビエグッズ

「鬼福鬼瓦製作所」では、ミニサイズのアマビエ鬼瓦が制作されています。

家まるごと、家族まるごと守ってくれそうな鬼瓦✨

こちらは丸々とした可愛らしいアマビエだるま。

形が丸くなるとどうしても小鳥さんに見えてくる 😆

なんとギターのピックにもアマビエ様が登場!

このピックを使った音楽で疫病退散を広めてほしいですね~✨

鉄瓶でお馴染みの「南部鉄器」製のアマビエ様。

これはたしかにずっしり重そうだ。

アマビエ×ペット

Twitterでは自宅で飼っているペットと、アマビエのコラボを楽しんでいる買い主さんがたくさんいました。

こちらは手作り感満載のコスチュームに身を包んだモルモット×アマビエ様♪

何とも言えない表情が可愛い…♥

アマビエクッションと並んで写真に写る、アマビエ×ヒッピー風猫♪

なんておしゃれな猫ちゃんなんだ(*´ω`*)

アマビエ様が接客?!

なんとアマビエ様自ら(?)絵本にスタンプを押してくれるイベントも開催されています。

周囲の大人達が必死に誘導している姿も面白い(笑)

この他にもSNSではさまざまなアマビエグッズの紹介や、イラストを公開している人もいますので、ぜひお気に入りのアマビエ様を探してみてはいかがでしょうか~✨

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


神社・お寺巡りランキング