熊本城の場内にある加藤神社へ行ってきました!

ここ加藤神社はあの有名な武将をおまつりしている神社で、熊本地震後の熊本城を一番近くで見れるスポットともなっています。

それでは行ってみましょう!

 

加藤神社の由来

 

加藤神社の元は、加藤清正が1611年に没した後、清正を祀った浄地廟でした。その後火災で焼失した本妙寺がこの浄地廟に移されました。

明治時代の神仏分離によって、浄地廟・本妙寺より神社を分け、熊本城内に「錦山神社(にしきやま神社)」を建て、加藤清正と大木兼能を一緒におまつりすることとなりました。

その後は場所を一時移動しましたが、西南戦争によって社殿を焼失し明治17年に再建され、1909年に「錦山神社」から「加藤神社」に改称されました。

社殿が焼失した際は熊本市内の健軍神社に御神体は移されていて、難を逃れたのだそうです。奇跡的ですね✨

 

あわせて読みたい

 

御祭神

主祭神:加藤清正

陪神:大木兼能公

韓人金官公

 

加藤清正公は、虎退治をしたり、負けなしの戦をしたことでも有名な武将です。その清正公をおまつりしている神社として、必勝祈願、学業成就、商売繁盛、病気平癒のご利益があるといわれています。

境内末社

白髭神社

  • 白髭大明神<猿田彦大神>(道開き・導きの神様)
  • 大国主神(福徳円満の神様)
  • 菅原道真公(学問の神様)
  • 恵比寿神(商売繁盛の神様)

 

加藤清正ってどんな人❓

熊本城近くの加藤清正像

気になってしょうがないのが、かぶりものが長いっ!

 

加藤清正公(1562年~1611年)は、熊本に入ると日本三名城・日本三堅城の一つである熊本城を築き、熊本の富国安民の国造り政策を行なった戦国時代の武将です。

熊本県の交通・植林・干拓・開墾を行ない、土木や治水工事にも尽力を尽くして、熊本発展の礎となる役割を果たされた方です。

 

大手水鉢

 

境内には「大手水鉢」がありました。案内書きによると「この大手水鉢は清正公の重臣大木邸使用のもので、現在熊本三大手水鉢の第一位といわれている」と書かれていました。

こんな大きな岩にイイ感じに水が溜まるスペースがあって、この曲線がなんだかたまらないもんです💛(笑)

 

太鼓橋(出世橋)

 

ご拝殿横には、ひっそりと「太鼓橋」がありました。

文禄の役記念に持ち帰られたという橋で『出世橋』と呼ばれています。水の上ではなく、地面の砂利の上に橋が置かれているので、なんだか不思議な感じ!

 

ぜひとも収入を上げたいという野望をもっている私は、出世を願って渡りました。これで収入アップ間違いなし💛

スポンサーリンク


加藤神社から見た熊本城

 

ここ加藤神社は、熊本地震後被害を大きく受け、復旧工事で近くまで行くことができない「熊本城」を、今一番目近で見る事ができるスポットとなっています。(2018年8月現在)

震災前の熊本城を見た事がないのですが、足場にがっちりと囲まれ、まるで近未来の要塞のようなお城でした。

 

 

2018年の4月には、大天守の屋根から落下し損壊した熊本城のシンボル『しゃちほこ』が復活し、加藤神社の境内からも見れるようになりました!

 

ズームで少し画像が荒いですが、肉眼でもしっかり見る事ができましたよ

震災から丸2年が経ちましたが、まだまだ復旧には莫大な時間がかかりそうです。復旧が完成したらぜひ熊本城の近くまで行って、近くで見てみたいものです✨

 

崩落した石垣より現れた観音様

 

境内には崩落した石垣より現れたという「観音様」が置いてありました。戦国時代の板碑(石の供養碑)を割って石垣に転用したものなのだそうです。

この「観音様の石垣」の横に、加藤神社の湯田宮司のお言葉が書いてありました。

 

『震災で傷ついた心に光を与えて頂き勇気がわいた。専門的なことは分からないが、清正公を始め築城当時の方々が安全を祈願してことなのか、はたまた、今回のように石垣が崩れるような事態で観音様を見た人々を励ますためのものだったのか、何れにしてもそこには祈りがあったことを思えば、私たちも400年前の先人の思いを継承し、一つ一つ大事に石垣を積むが如く、復興に向けて努力していかなくてはなりません。』

 

この言葉を読んで、すごく心が暖かくなりました。

震災で心が傷ついている時に「観音様」が現れて、さぞ傷ついた心に有勇気が湧いてきたことでしょう。私たちにできることはほんの少しですが、少しでも復興の手助けをしていきたいです。

 

くまもんも熊本城復興のために募金活動

 

社務所横には、ゆるキャラの人気者『くまもん』の募金箱が設置してありました!だるまのくまもん、、、なんだか違う生物みたいですが、やっぱりぱっと見でわかるくまもん。可愛い😍💛

 

「がまだせ」とは、方言で「頑張ろう」「精を出す」という意味だそうです。私も少しばかり募金して、くまもんに熊本復興を託しました。

 

加藤神社の御朱印

 

加藤神社の社務所にて御朱印を頂いてきました!✨初穂料は300円です。

 

■加藤神社

熊本県熊本市中央区本丸2‐1

■アクセス

熊本城内に御鎮座する神社です。

市電「熊本城・市役所前」下車、熊本城内の案内板にそって、坂を上っていくと辿り着きます。

スポンサーリンク