伊勢神宮月讀宮の見どころ・御朱印

伊勢神宮内宮の別宮であるのがこの月讀宮(つきよみのみや)です。「讀」の漢字が難しく、変換してもなかなかヒットしません !笑

今回は伊勢神宮の外宮・内宮からほど近くの場所に御鎮座されており、緑豊かな自然に囲まれた月讀宮の参拝レポートをお届けします✨

スポンサードサーチ

伊勢神宮の別宮・月讀宮(つきよみのみや)

お伊勢参り月讀宮へのアクセス

伊勢市にご鎮座する月讀宮は、内宮から車で少し走った場所にあり、あやうく通り過ぎるかと思う森に囲まれた場所にありました。

月讀宮は天照大神をまつる伊勢神宮内宮(皇大神宮)の別宮で、祀られる4宮を合わせて「月読宮」と呼ばれます。

伊勢神宮月讀宮の見どころ・御朱印

夕方にもなっていたので参拝客は私たち以外だと、ご夫婦が1組だけ。ものすごく静かで落ち着いた境内でした。

急いで参拝したので、今回はほとんど写真がありません~😂

御祭神

月読命(つくよみのみこと)

御祭神である月読尊は「月を読む」というようにお月様の神様です。

伊勢神宮内宮の天照大御神(あまてらすおおみかみ)が太陽の神様。この月読尊は天照大御神の弟神にあたり、須佐之男命(すさのおのみこと)の兄神にあたります。

古事記や日本書紀にあまり登場することがない謎が多い神様とも言われており、アマテラスオオミカミが女神、スサノオノミコトが男神、とはっきりしている中、月読命は「男神説」「女神説」どちらもある神様です。

白い犬

まさに日本の古代史ミステリー☽

月讀宮の四社横に並ぶお社

月讀宮は比較的小さなお宮ですが、神様が祀られる4つのお社が横に並んであり、右から、

  • ①一番右:月読荒御魂宮
  • ②中心右:月読宮
  • ③中心左:伊邪奈岐宮
  • ④一番左:伊邪奈弥宮

と並んでいます。

ただし!!
参拝する順番は②→①→③→④です

横並びに4つもお社が並んでいるなんて見たことがなかったので、なんだか壮観!! なかなか珍しい光景だと思います。

「荒御魂宮」とは神様の荒魂をお祀りするお宮で、神様の荒ぶる魂・荒々しい側面の表れともいわれています。非常にパワーが強く、新しいことを生み出すエネルギーや、物事の達成、前向きな向上心などが秘められているといわれます。

スポンサードサーチ

月讀宮の御朱印

月読宮(伊勢)御朱印

 

月讀宮の社務所にて御朱印をいただきました✨

伊勢神宮の内宮や外宮をはじめ、たくさんの別宮での御朱印は。本当にシンプルで統一されています。

御朱印集めをされている方はわかると思いますが、だいだいの御朱印代の相場って、300円~500円ぐらいですよね。むしろほとんどが300円だと思います。

しかし、たまに遭遇するのが「御朱印代はお気持ちで」という神社。

お気持ち。。。少ないとケチくさいし、高すぎるのも何だかなぁって感じだしなぁ~、、、って難しいところで悩みどころ。

この月讀宮も「お気持ち」だったので、御朱印集め初心者だった私はとても焦ったという思い出があります(笑)

お伊勢参りされてた際は、ぜひ4つのお社が並ぶ月讀宮へ参拝されてみてはいかがでしょうか✨

月讀宮へのアクセス

公共交通機関の場合

  • 近鉄「五十鈴川駅」よりバスで約5分「中村」下車後、徒歩約5分
  • 近鉄「五十鈴川駅」より徒歩約10分

車の場合

  • 三重県津市から約50分
  • 名古屋市から約1時間50分
  • 専用駐車場有り
■月讀宮
三重県伊勢市中村町742-1 最後まで読んでいただきありがとうございました✨