長崎市住吉町にご鎮座する住吉神社は、長崎大学や飲食店があるエリアにある神社で、アーケードを抜けた先の小高い山の上にあります。

毎年秋の例大祭である「住吉くんち」では近くの公園に露店などが終結し、地域の一大祭りとしてたくさんの人が楽しい時間を過ごします。

スポンサードサーチ

住吉神社

秋には「住吉くんち」が行われ、こちらは長崎くんちでも人気演目の一つである「コッコデショ」

お神輿の上には太鼓を叩く4人の子どもが乗り、総重量はなんと1トンにも及ぶのだとか!

掛け声とともに空へお神輿が放り投げられ、力強く片手で受け止める姿は圧巻で、この日一番の盛り上がりを見せます。

独特の囃子の音楽を聞くと、地元人は「あ、コッコデショか!」と一瞬で分かってしまうほど、長崎の「くんち」では人気の演目なんですよ✨

住吉神社のご由緒

66代一条天皇の時代、正暦5甲午年(西暦994年)に建立された由緒ある神社です。

長崎は江戸時代キリスト教と縁が深く、キリスト教最盛期には衰退しましたが、再建、改築され維持さてきました。

※詳しいご由緒が分かり次第追記致します。

御祭神

底筒男命(そこつつおのみこと)

中筒男命(なかつつお のみこと)

筒男命(うわつつおのみこと)

住吉神社におまつりされているのは住吉三神の神様です。航海や海の神様とされており、海上安全航海安全のご利益があります。

総本宮である大阪の住吉神社を中心に、全国に約600社の住吉神社があり、そこに福岡県と山口県の住吉神社を合わせて「日本三大住吉」と言います。

日本三大住吉の記事(福岡県)住吉神社はこちら

 

住吉神社近くで神社めぐり

スポンサードサーチ

住吉神社へのアクセス

公共交通機関の場合

  • 路面電車「住吉」下車後、徒歩約5分
  • 長崎バス「住吉」下車後、徒歩約5分

車の場合

  • JR長崎駅より約15分
  • 長崎空港より約50分
  • 専用駐車場有り

■住吉神社

長崎県長崎市住吉町13-6