【宮地嶽神社(福岡)御朱印】嵐のCMで一躍有名!日本一のしめ縄は必見

福岡県福津市にある日本一が三つもある”という「宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)」へ行ってきましたー!

こちらでは嵐のJALのCMが撮影されたのですが、その映された光景がステキ!と、一躍有名になったという、自然豊かで歴史もある広々とした神社です。

スポンサードサーチ

福岡県福津市にある宮地嶽神社へ

f:id:melmo-bg:20180323201522j:image

JR福間駅からバスに乗り換え、宮地嶽神社前で下車するとすぐたどり着きます。

道路を渡って鳥居をくぐると、真っすぐな参道が続き、階段が見えてきました。

まだまだ上へと続いているので、結構な段数があるなぁ~、、運動不足には少々キツイですが、気合を入れて上ります。

f:id:melmo-bg:20180323201549j:image

 

ゆっくり階段を上りましたが、幅が広めだったので結構歩きやすい。私の地元長崎でも階段の多い神社が多いのですが、結構幅が狭かったり段差が高かったりで毎回ヒーヒーなんですよ~|д゚)

宮地嶽神社の参道は綺麗に整備され、周囲に緑が多いのでとても清々しいです~✨

六百俵の碑

f:id:melmo-bg:20180323201809j:image

 

階段を登っていくと「六百俵の碑」と書かれた大きな石碑が立っていました。傍にあった案内板によると、、、

‘‘ ‘‘「徳川時代半ばごろまで、ここ宮司村は砂交じりの痩せた農地が多く、常に水不足に悩まされるなど、農家は苦しい生活をしていたそうです。

しかし村民は力を合わせて溜池を作ったり、大飢饉の時でさえも必ず年貢を納め、寛政2年に藩主から褒美として米六百俵が贈られました。」””

これらの先人たちの偉業を讃える為に、大正9年に記念碑が建てられたそうです。

年に2回だけ見られる?!光の道とは?

f:id:melmo-bg:20180323201940j:image

 

ようやく階段を登りきって振り返ると、海に向かって真っすぐに続く参道が!!

写真だと少し見にくいですが、海へと向かってずっと真っすぐに参道が伸び、所々に鳥居が立っています。これは絶景ですねー✨✨

この参道の一直線先に夕陽が沈むのが、10月と2月の年に2回だけ。あまりにも神秘的な光景なので「光の道」と呼ばれています。

もう3月になってしまったので光の道は見れませんが、その時の光景がこちら↓

f:id:melmo-bg:20180323205703j:image

 

写真で見るだけでも神々しい!✨

宮地嶽神社は初詣の時期はとても混雑する、人気のパワースポットなのですが、年に2回だけ訪れる「光の道」の時期に合わせて「夕日の祭り」が開催されるそうです。

嵐のCMに出てくるのも、この光景なんですよね。一躍人気になったおかげで、光の道が見れる時は、多くの人でごったかえすそうです。

しかし、年に2回と言われてはいますが、実際に綺麗に見れるのは数年に一回なのだとか!

ものすごい貴重!!運良く光の道が見れた人は本当にラッキーですね💛

スポンサードサーチ

宮地嶽神社のはじまり

f:id:melmo-bg:20180323202046j:image

 

創建は1700年前。仲哀天皇のお妃である神功皇后が、韓国へ渡る際にこの地に滞在され「天命をほう奉じてかの地に渡らん。願わくば、開運を垂れ給え」と祈願され船出されたことに由来します。

その後、神功皇后のご功績をたたえ、主祭神として奉斎し、勝村・勝頼大神を併せておまつりしました。

【何事にも打ち勝つ開運の神】として開運・商売繁盛のご利益があると信仰され、全国にある宮地嶽神社の総本宮でもあります。

御祭神

  • 息長足比売命(おきながたらしひめのみこと)<別名:神功皇后>
  • 勝村大神(かつむらのおおかみ)
  • 勝頼大神(かつよりのおおかみ)

日本一の大しめ縄

f:id:melmo-bg:20180323202155j:image

 

宮地嶽神社の拝殿に掲げられているのは、日本一の大注連縄!!

しめ縄のことを宮地嶽神社では大注連縄といいます。なんと直径2.6m、長さ11m、重さは3トン!!

この巨大なしめ縄は、まさに宮地嶽神社のシンボルなのですが、毎年稲の発芽から掛け替えまで、のべ1,500人の人々の奉仕で掛け替えられるそうです。

3トンを掛け替える、、、ものすごい労力ですね!

人々の思いとパワーが詰まっています。近くで見てみましたが、本当に大きくて大迫力。まさにパワースポットと感じる大注連縄でした。

f:id:melmo-bg:20180323210210j:image

 

御本殿自体もすごく立派で、特に屋根がすごく美しかったです✨

スポンサードサーチ

宮地嶽神社には3つの日本一がある

日本一のしめ縄が特に有名なのですが、宮地嶽神社にはあと2つの日本一が存在します。それが【日本一の大太鼓】【日本一の大鈴】

どちらも、向かい合った建物の中に安置されています。

f:id:melmo-bg:20180323210540j:plain
f:id:melmo-bg:20180323210331j:plain

私の写真だと全然凄さが伝わらなさそうだったので(汗)、宮地嶽神社のHPの写真も載せました。それがこちら↓

f:id:melmo-bg:20180323210425j:plain
f:id:melmo-bg:20180323210454j:plain

引用:http://www.miyajidake.or.jp/history/nihonichi

近くで見ることはできませんが、少し離れた場所からでもわかるくらい迫力があって、どちらも凄く大きかったです。

 桜の見どころも満載

f:id:melmo-bg:20180323202427j:image

 

ここ宮地嶽神社の境内には、ピンクの桜の木がありました。ソメイヨシノとは違う、、、少し濃いめのピンク色です。

その名もなんと「開運桜!」(寒緋桜)

見ているだけで、ウキウキ開運になってきそうです~💛

f:id:melmo-bg:20180323203318j:image

2018年3月23日の咲き具合

今でもキレイですが、満開の頃はさらにキレイでしょうね~🌸

宮地嶽神社の敷地はとても広くて、すぐお隣には池もあり、絶好のお花見スポットなんです!!次回の記事でも少しご紹介したいと思います💛

f:id:melmo-bg:20180323202645j:plain

 

御朱印は御本殿横の授与所で頂けます。参拝客と比べると、しめ縄の大きさが際立ちますね!!

実はこの宮地嶽神社には、【奥の院】という八つの神社を巡ってお参りすると、願いが叶うという〖奥の院八社巡り〗が、宮地嶽神社とはまた別にあるんです。

【宮地嶽神社の御朱印その②】奥の院八社巡りで心願成就祈願

スポンサードサーチ

宮地嶽神社の御朱印帳

f:id:melmo-bg:20180323202814j:image

 

宮地嶽神社のオリジナル御朱印帳は2種類で、キラキラとした金糸が目を引くピンクとグリーンがあります。

私は今回の御朱印巡りで、2冊目の御朱印帳がいっぱいになるという事で、ピンクの御朱印帳を頂いてきました💛

ついに私の御朱印帳3冊目✨✨

まだまだ沢山の神社仏閣に行ってみたいので、4冊目、5冊目と増やしていきたいです💓

f:id:melmo-bg:20180324020452j:image

 

宮地嶽神社の御朱印

f:id:melmo-bg:20180324020502j:image

松ケ枝餅

f:id:melmo-bg:20180323202855j:image

 

福岡で有名なお餅といえば、太宰府天満宮にある「梅が枝餅」ですが、ここ宮地嶽神社付近では「松ヶ枝餅」が売られています。

CMで嵐が食べていたのも、松ヶ枝餅だったんですねー

帰りのバスを待っている時に、地元の方と少しお話したのですが、嵐のCMが流れてから、急激にここ宮地嶽神社の参拝客が増えたんだそうです。きっと私もその一人と思われたのでしょう(笑)

今回は時間がなくて食べる事ができなかったので、次回来た時には松ヶ枝餅を食べてみたいと思います

 ■宮地嶽神社

福岡県福津市宮司元町7‐1